乳児、赤ちゃんの栄養過多は成長後の肥満問題を深刻にする可能性が高いかもしれません。母乳、人口ミルクに関わらず、それらを乳児に与えすぎるのはやめた方が良さそうです。

中国で生後7ヶ月半の男の子がナント体重19キロになったというニュースがありました。この乳児のお母さんは、この子が泣くのでそれにこたえるために母乳を与えすぎたようです。

多分、最初は「オーオー、元気な子だわ。どんどん召し上がれ」という乗りで気にせず飲ませてあげたのでしょう。でも、それが乳児の体重を膨らませ気が付いたら19キロという、かなりの問題を生んでしまったのです。

横だけでなく縦にも伸びればいいのでしょうが、写真を見る限りでは立派なお相撲さん体型。今後、身長が体重にすぐに追いついてほしいところ。ただし1つ問題が。

それは、この赤ちゃん、検査したところでは貧血とビタミン不足なのです。

栄養過多で貧血とは驚きかもしえません。ビタミン不足もあるのですが、この調子では、脳の働きなどに支障がでる可能性がありますね。脳はビタミンをとても必要とするところなのですから。

まだまだ脳が発達途中のはずなので、脳への栄養不足が深刻であれば、その発達が遅れることが十分に考えられます。大人になってからと違い、乳児の段階で深刻な栄養不足になれば、回復が難しい障害として今後ずっと残る危険性が高まります。

かわいいのはいいのですが、食事を際限なく与えれば、子供に生涯とても可愛そうな宿命を負わせることになるかもしれないのです。マタニティークラスでも事前に子供の栄養学について十分なレクチャーをしてほしいものです。


 食べても太らないシリーズ 

  • 食べてやせる、5つの大きな理由 
  • 過食症を治す:過食が過食を生む
  • 太らない食べ物・食べ方
  • ギャル曽根、痩せの大食いの謎
  • 褐色脂肪細胞を増やす:これが多いと痩せる
  • むくみの原因を退治し、代謝アップ!


  • 妊娠、出産、育児とダイエット 記事一覧

    妊娠中のダイエットの仕方

    妊娠中のダイエットはあまり細かいことには気を使わず、あなた自身の体の健康が即赤ちゃんの健康に直結することを忘れないでおけばいいでしょう。前のページでもお話したように、赤ちゃ...

    乳児の栄養過多は問題多いかも

    乳児、赤ちゃんの栄養過多は成長後の肥満問題を深刻にする可能性が高いかもしれません。母乳、人口ミルクに関わらず、それらを乳児に与えすぎるのはやめた方が良さそうです。中国で生後...